恋人と別れることになるケンカ

恋人と別れることになるケンカ

恋人と別れることになるケンカをしてしまう人がいます。

 

カップルのケンカにもより仲良くなれるケンカと別れにつながるケンカがあります。

 

「ケンカするほど仲がよい」と言いますが、それはケンカの仕方にもよります。

 

一体どういうやり方をしてしまうと別れにつながってしますのでしょうか?

 

 

 

ヤンキー言葉になる

 

ついカッとなったはずみで、言葉遣いがヤンキーになる人がいます。

 

ここで言うヤンキー言葉とは、

 

「おめぇーが!」

 

「てめぇーが!」

 

「うるせぇ!」

 

「何言ってんだよっ!」

 

「勝手なことしてんじゃねぇよ!」

 

などの言葉です。

 

結構過激ですよね?^^;

 

普段から使っている言葉(そういうヤンキー同士のカップル)なら問題ありませんが、普段は清楚な雰囲気の人がいきなりヤンキー言葉、下品な言葉を遣うと男心としては引きます。

 

悪いの意味でギャップを感じた瞬間です。

 

それをきっかけに別れを選択する男も少なくないです。

 

喧嘩してカッとなることがあるかもしれないけれど、冷静になって普段通りの言葉で話し合いましょう。

 

 

お互いが相手の意見を認めない

 

ケンカにはお互いに言い分があると思います。

 

「あたしの方が正しい。間違ってない!」

 

「俺の方が正しい!お前が悪い!」

 

いつまでもこういう状態では仲直りできません。

 

ずっと平行線をたどります。

 

そして、お互いが謝らず、連絡を取らなくなり、音信不通・・・自然消滅(別れる)という流れになります。

 

なので、やはりどちらかが折れないと仲直りはできません。

 

たまにケンカしていたことを忘れて、何気ない雑談からまた会話がはじまる(仲直りしてしまう)というカップルや夫婦はいますけど。^^;

 

基本的には恋人の話を聞く耳を持ち、相手の意見も受け入れる気持ちをもつことが大切です。

 

恋人の言うことが間違っていると思っていても「そうだよね。そういうこともあるよね。」という心の余裕をもつことが大切です。

 

あなたが折れて謝るかどうかは、その時の状況や恋人の態度にもよるけど、相手の気持ちを受け入れる気持ちをもつことが大事です。

 

 

安易に別れを切り出さない

 

喧嘩になるとすぐに「あたしと別れたいの?」などの言葉を口にする人がいます。

 

喧嘩している時は、恋人も興奮していることが多いです。

 

こういう言葉を言うと勢い余って「じゃ、別れる!」と言ってしまう人も少なくありません。

 

しかも男心には「男に二言はない」というポリシーみたいなものを持っている人もいます。

 

なので、一度口にしてしまうと後には引けなくなってしまい、意地でもよりを戻さないということになってしまうのです。

 

こういう男の心理から「別れる?」などの質問を恋人にすることは自滅につながります。

 

決して口にしないようにしましょう。

 

 

ヒステリックになる

 

先ほどの”ヤンキー言葉になる”と少し似ていますが、喧嘩になると思わぬ態度が出てしまい男の人が引く場合があります。

 

その1つが”ヤンキー言葉になる”ですが、もうひとつが”ヒステリックな態度になる”です。

 

これは極端に言うと、恋人と喧嘩になって怒った場合、

 

  • 物を投げる
  • 部屋を無茶苦茶にする(彼氏の部屋)
  • 包丁を持ち出す
  • ガラス窓を割る
  • 物を壊す(携帯を壊す、など)

 

などです。

 

このような過激な態度を見せてしまうと、あなたとの将来に結婚は見えない・・・と思い、別れにつながりやすいです。

 

決して家庭的な女とは思われないですよね?^^;

 

真剣に真面目に結婚を考えてお付き合いしている人ならなおさらです。

 

カッとなってもヒステリックな態度は見せないように気をつけましょう。

 

 

 

恋人とのケンカの仕方にもルールがあります。

 

別れにつながるようなケンカの仕方はせず、よりお互いを深く知り、仲良くなる、絆を深めるケンカをしましょうね☆

スポンサーリンク

恋人と別れることになるケンカ関連エントリー

最新記事