上手な恋愛の仕方

男を立てるの意味とは

「いい女は男を立てる」とかって聞いたことはないでしょうか?

 

 

 

「男を立てるといいことあるの?」って思いたくもなるけど、いいことはあまりないないかもしれません。

 

何かプレゼントをくれるわけでもないし・・・。

 

 

 

ただ、男性(彼氏)と円満な関係を築けます♪

 

仲良し関係でいられるというわけですね。

 

 

 

どうして男を立てると仲良し関係でいられるかというと男のメンツ、男のプライド、男の顔をを立てているわけだから、男心としても気分がいいわけです。

 

少なくとも男を立てる女性と一緒にいて男性も嫌な気分にはなりません。

 

だから円満な関係が続くのですね。

 

 

 

では、男を立てるとは一体どういう意味なのか?

 

具体的な例を出してご紹介しましょう♪

男性に共感する、尊重する

 

例えば英語が得意な男性が、

 

「takeとかhaveとかmakeって単語ごとにいろいろな意味があるからややこしいんだよね〜」

 

って言った時に、男を立てる女は、

 

 

「そうですよね♪英単語ってややこしいですよねぇ〜(笑)」

 

 

って感じで答えます。

 

これは男性の意見を尊重して共感しているから男を立てていることになります。

 

 

 

でも、男を立てない女だとこう答えます。

 

 

「いやいや、日本語もいろいろな意味あるでしょっ。”はし”って言葉1つにしても”橋”だったり、”端”だったり、”箸”だったり。」

 

 

って答えちゃうわけです。

 

確かに言っていることは間違っていないけど、男性の意見に反論しちゃってるから男を立てていないことになるのです。^^;

 

 

 

男性としてもこう言われちゃうと、「確かにそうだけど、、、^^;」ってなって話の腰を折られた印象を受けます。

 

で、「この子とは会話しづらいな・・・」とかって思われちゃうわけです。

 

 

 

男性の言ったことに対して「いやいや、それは違うでしょっ」っと思うことがあってもグッと我慢して、男性の意見を尊重してあげる、共感してあげるのが男を立てるということになります。(男性の発言した内容にもよるけどね、^^;)

 

 

デートでの支払い

 

デート中に食事したり、車で高速道路に乗ったり、遊園地に行ったりしてお金を支払うことがあると思います。

 

男性にもよるけど、「デート中の支払いは俺が払う!(彼女には払わせない!)」というポリシーを持っている男性もいます。

 

そういう男性の時に男性に支払いをさせてあげる(←すっごい上から目線)ことが、男を立てることになります。

 

 

 

もちろん、あなたもお財布を出すしぐさくらいはした方がいいですよ。^^;

 

しぐさだけね♪

 

そしたら彼が「ここはいいよ。」って言ってくれるでしょ♪

 

そこを「え、いいの?ありがとう♪」と引くことが、男を立てることになります。

 

 

 

それを意地をはって「いや、私もお支払いしないと気がすまないから!」と強引にお金をだそうとすると、それは男性の意思を尊重していないので、男を立てない女になってしまいます・・・。、

 

 

 

私の女友達にも「絶対割り勘じゃないと嫌だからっ!私にも払わせてっ!」って子いるけど、折角彼氏がご馳走してくれるっていう場合は、甘えてもいいんじゃないかなぁ〜♪(と私は思う)

 

ケチやせこい男よりよっぽどましですよ☆

 

 

上司や友達、親の前で

 

上司や友達、親の前だと少し態度が変わったりして大口たたくようになる男性っていませんか?

 

こんなとき、男性心理としては自分を大きく見せたいとか偉く見せたいとかいう心理があるみたいだけど、女性としては困るときもあります・・・。

 

 

 

でもそんなとき、男性の言ったことに対してその場(人前)で指摘したり、注意したりすると男性の立場が弱くなります・・・。

 

なので、この場合は”男を立てない女”になってしまいます。

 

 

 

男を立てる女は、こういうときはグッと我慢します。

 

余計なことを言いません。(後で言います、ふたりきりになった後で)

 

 

 

例えば、男性(彼氏)が人前で、

 

 

男「こいつ、俺がいないとなんにもできないだぜー」

 

 

って言った時に、男を立てる女だと、

 

 

「ほんとにそう。いつも面倒見てもらってるの♪」

 

 

と言いながらも、あなたの心の中では(「そんなことないわよっ!」)

 

 

 

また、男性(彼氏)が人前で、

 

 

男「こいつ、料理がヘタでさぁ〜、まずいんだよw」

 

 

って言った時に、男を立てる女だと、

 

 

「なかなか上手にできなくて・・・。もっとお料理の勉強するね♪」

 

 

と言いながらも、あなたの心の中では(「じゃ、自分で作りなさいよっ!」)

 

 

 

心の中の言葉を言いたくても人前にいる間はグッと我慢します。

 

これが男を立てる女です。

 

で、言いたいことは男性とふたりきりになった後に言います。

 

 

 

これはいわゆる人前にいる間は、男のメンツを立てているわけです。(この場合、男のメンツとは男の地位とか立場です)

 

男をメンツをたてて、女はじっと我慢する。

 

で、ふたりきりになったあとで逆襲する。

 

 

 

こういう男性の立場を考えながら心配りできる女が、男を立てる女と言えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は男を立てる具体例を3つご紹介しましたが、いかがでしたか?

 

 

 

ざっくり言うと”男性の意見を尊重する”ってことが、男を立てる意味と思ってよいと思います。

 

そのためには女性がグッと我慢しないといけないときもあります。

 

それができる女が、”賢い女”とか”いい女”とか言われるわけです。(男からすると)

 

 

 

そりゃ男にとって都合のいい女なわけだから賢い女とかいい女とかってなりますよね?

 

男性の発言した内容にもよるけど、あまりにも間違っていることを言ったら我慢せずに言った方がよいと思います。

 

我慢ばっかりしていたらストレスになりますし。

 

良い関係も続かないと思います。

 

 

 

ポイントは、男性にその場で言うか後で言うかです。

 

ここでも男を立てる、立てないが違ってきます。

 

男を立てるなら後で言う

 

男を立てないならその場で言う

 

こう覚えておけばよいと思います♪

 

 

 

あまりにもバカな男に合わせて男を立てる必要はないと思うけど、ある程度我慢できる範囲の男なら男を立てて仲良し関係を築いていきましょう〜☆

スポンサーリンク

男を立てるの意味とは関連エントリー

最新記事