男が怒るとき怖い理由と心理

男が怒るとき怖い理由と心理

男が怒るとき、とても怖い場合があります。

 

男は怒らせると何をするかわかりません。

 

危険なことをする場合もあります。

 

 

 

あれです、怒ると物に八つ当たりする男っていますよね?

 

怒りにまかせて、手に持っていたスマホを壁に投げつけて壊したりする男。

 

ゲームに負けたことで、ゲーム機やコントローラーを床にたたきつけて壊してしまう男。

 

 

 

あれって冷静に考えたら今後も使うだろうし、壊れたら困る物のはずなのに怒った勢いで壊してしまうのですね。

 

だから男って怖いのです。暴力的で。

 

 

 

まだ、他人に危害を加えないならよい方で、他人に危害を加える怒り方をする男もいます。

 

そんな男はDVになる可能性がありますし、距離をとった方が無難です。

 

近づかないようにしましょう。

 

 

男の怒りの原因が女にあることも?

 

男が怒る理由に女(彼女)がきっかけになる場合があります。

 

 

 

例えば、男の人があなたの目の前で、

 

「浮気でもしてみようかな、フフフ・・・」

 

冗談のつもりで言ったとします。

 

 

 

でも、あなたは冗談と受け取らず、マジで受けて、

 

「浮気できるもんならやってみなさいよ!する勇気もないくせにっ!」

 

みたいなことを言うと男は本当に浮気しちゃいます。

 

 

 

こういう言い方をすると火に油を注ぐようなものです。

 

男にはプライドがあります。

 

一度言ったことを後で訂正する、取り消すことはできません。

 

「男に二言はない」ということわざがありますよね?あれです。

 

 

 

なので、冗談で言ったつもりでも彼女に「できるもんならやってみなさいよっ!」的なことを言われると、後には引き下がれない心理になるのです。

 

彼氏「あー、やってやるよ!絶対やってやるよ!見てろっ!」

 

とかってなっちゃいます。

 

 

 

まだ、浮気くらいの言葉ならよい方で、もっと危険な言葉を男は口にする場合があります。(冗談で)

 

でも、彼氏に対するストレスや不満がたまっていると、女はそれを冗談と受け取れず、真面目に受け取り、「できないくせにっ!」とかって言いたくなります。(よね?)

 

そうなると、本当に普通はやらないような危険な行動を男の人はとってしまうことがあるので、男の人にかける言葉には注意が必要です。

 

 

では、どうやって対処すればいいの?

 

これはもうこの怒りの男性心理を理解して、そんな時は冷静になって流すのが一番です。

 

 

 

男の人が冗談で言ったつもりでも、女からすると、

 

「こんなときにふざけないでよっ!」

 

って言いたくなる時、あると思います。

 

そんな時でもあなたが冷静になってさらっと流す余裕が必要です。(時と場合によるけど)

 

 

 

もしストレスでそんな余裕も心にないときは、彼氏との関係を見直した方がよいでしょう。

 

不満いっぱいで付き合っていても将来によいことはありません。

 

結婚とか無理です。

 

関係を見直しましょう。

 

 

 

男にはプライドがあります。

 

そのプライドを傷つけるような言葉を言うと男の人は何をするかわかりません。

 

引くに引けなくなってしまうのです。(男の人の性格にもよるけど)

 

男の人は、スイッチが入るとキレたりして怖いです。

 

無駄なケンカにならないように、男のプライドを傷つけるような発言には十分注意しましょうー

スポンサーリンク

男が怒るとき怖い理由と心理関連エントリー

最新記事