男目線でのうざい女

男目線でのうざい女

男目線でのうざい女というとどういう女か思いつきますか?

 

 

いろいろなパターンがあるけど、その中に「質問魔」「喋りすぎる女」「自分大好き女」などがあります。

 

どういう意味かというと男は女ほどおしゃべりでない人が多いので、女のお喋りについていけないという人も少なくないです。

 

なので、あまり男性に話しかけすぎると「うざい!」と思われ、嫌われることになります・・・。

 

 

 

でも女性はお喋りが大好きです。^^

 

言葉で愛情を確認したいと思う人も多いと思います。

 

だから男性に言葉を求めるのだけど・・・

 

 

 

そこで男女の温度差が生まれます。

 

この言葉の、心のバランスがうまくいっていないと男目線で「うざい女!」と判断されてしまうわけです。

 

 

 

これは恋愛中でも結婚後でも同じです。

 

喋りすぎる女と思われるとうざい女どころか飽きられてしまい、浮気に走る男もいるので注意が必要です。

「私の事好き?」からはじまる男目線でのうざい会話

 

付き合っている彼氏に「私の事好き?」と聞いたことはないでしょうか?

 

この程度の質問だと男性も「うん、好きだよ♪」と返事してくれると思います。

 

でも女はそこで終わらない場合があります。(^_^;)

 

 

「私の事好き?」からの、

 

彼女「私のどこが好き?」

 

彼氏「優しいところが好き」

 

彼女「そこだけ?」

 

彼氏「いや、他にもあるよ。」

 

彼女「じゃ、私の好きな事10個言ってみて。」

 

彼氏「えーと、優しいところとかわいいところと・・・」(う、うざい

 

彼女「ほんとうに私のそういうところが好きなの?」

 

彼氏「うん、そうだよ。」

 

彼女「じゃ今言った10個、もう1回言ってみて。」

 

彼氏「え!(覚えてない・・・)」

 

彼女「ねぇ、はやく〜」

 

彼氏「えーと、優しいところと・・・(うざっ!)」

 

彼女「覚えてないの?ほんとうに私の事好きなの?」

 

彼氏「好きだよ♪」

 

彼女「じゃ、どのくらい好き?」

 

彼氏「どのくらいって・・・(-_-;)」(答えにくい質問

 

彼女「じゃ、私の好きな食べ物なーんだ?」(クイズがはじまる

 

彼氏「えっとー、桃!」

 

彼女「ブー!違うよ。スイカだよ。」

 

彼氏「あ、そうだっけ、(^_^;)」

 

彼女「ほんとうに私の事好きなの?」

 

彼氏「好きだよ。(う、うざすぎる・・・)」

 

 

 

 

こういう会話のやり取りをしたことはないでしょうか?

 

 

こういう質問を連続でしたり、問題を出したり、長いお喋りが続くと男性も返事をするのがめんどくさくなり、うざい女と思うようになります。

 

そして、「そっとしておいてほしい・・・」と思うようになります。

 

さらに行くと「もっとおとなしい女の子がいいな・・・」と思うようになります。

 

で、浮気に走るというわけです。

 

 

 

あなたは身に覚えがないでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

女性にとってお喋りは当たり前で、ごく普通のことだけど、男目線では喋りすぎる女と一緒にいると疲れてしまいます。

 

その男心を理解して会話の仕方やしゃべる量を調節しないとうざい女と思われ、振られてしまいます・・・。

 

喋りすぎる女はうざい女と思われる”ということを意識して、男性との会話を楽しんでくださいね♪

スポンサーリンク

男目線でのうざい女関連エントリー

最新記事