男性心理とケンカしないコツ

男性心理とケンカしないコツ

男性心理ケンカしないコツがあります。男性心理はご存知の通り、ガミガミ言うと逆ギレします。相手の男性は失敗した時、ミスをした時、もっとひどいと浮気した時に腹が立ってガミガミ言いたくなりますよね?でもそれではケンカになってしまうことはあきらか。男性心理だって悪いことをしたと分かっていても女性に言われると言い返したくなる心理があります。その男性心理を理解して、ケンカにならないコツ、ケンカしないコツについてご紹介します。

 

男性心理としては、自分が悪いことをした、ミスをした、失敗したと分かっていても、それを注意されたり、批判されたりすると言い返したくなるのです。ということは、相手の男性が悪いことをしたとしても、それを注意したりすることは火に油を注ぐようなもの。ケンカに発展することは間違いありません。ケンカせずに男性に反省させることがもっともよいと思います。では、どうしたらケンカにならずに男性に反省させることができるでしょうか?

 

男性に批判を言ってはいけません。注意もしてはいけません。ではどうするか?ケンカしないコツは、あなたの今の感情、気持ちを相手に伝えることです。男性に浮気されたら悲しいはずです。傷ついたはずです。その感情を相手に伝えましょう。これは男性に対する批判ではないので、相手も怒り出したりしません。黙ってあなたの言うことを聞いているでしょう。そして心の中で反省しだします。そしてもう1つのコツは、悲しい気持ちを男性に伝えたら、その場から立ち去ります。そして男性をひとりにさせるのです。反省する時間を与えてあげるのです。あなたを悲しませてしまった、悪いことをした、とひとりになって反省させることで、ケンカもなく、ちゃんとした男性になってくれます。

 

あなたのことを本気で愛しているなら数日後、男性から連絡があるでしょう。反省の言葉とともに。その時は許してあげてくださいね。でももしあなたのことを軽く見ていたなら連絡はないかもしれません。そのときは、ひどいことをする男の人として諦めましょう。反省しない男に幸せな未来はありません。きっぱり別れることをお勧めします。好きな人とケンカしないコツは、男性心理をよく理解することです。男と女は違う生き物です。相手の気持ちがわかることで、より深い絆が生まれるでしょう。

 

あなたは好きな人に反省させる時間を与えていますか?

 

 

関連記事
男性心理が恋人に求める性格
本気で愛される女になる方法
仲直りのコツ

 

 

恋愛心理 男心の動かし方TOPへ戻る

スポンサーリンク

最新記事