怒った時の男性心理

怒った時の男性心理

怒った時の男性心理はどういう状態になっているかわかりますか?男性を怒らせてしまって、その後メールや電話で謝ろうとしても連絡をとってくれないことってなかったですか?返事をしてくれないから何を考えているかわからない。どうしたらよいのかも言ってくれない。そんな時とても不安になりますよね?どうしたらよいのか。そんなあなたのために今回は怒った時の男性心理についてご紹介します。

 

怒った時の男性心理は、男性を怒らせた時の女性側の態度が気にくわない、失望したということがほとんどです。男性を返事をくれないほど、怒らせてしまうと仲直りするのはとても難しいです。誠意のある態度を見せることが大切になります。

 

男性が怒って連絡をくれない、電話やメールをしても返事をくれない時の心理は最悪の状態です。全く話をしたくない、もう知らない、どうでもいい、と思っています。その心理状態からまた以前と同じように会話するまでの仲に戻すには時間と根気が必要です。1度謝ったくらいでは許してもらえないことを覚悟しましょう。

 

謝る時も相手の男性をせめてはいけません。100%自分(あなた)が悪かった、ごめんなさい、あなたを失いたくない、と言って謝ります。ただ「ごめんなさい」を言うだけでは許してくれません。どうして仲直りしたいのか?自分(あなた)のどこがいけなかったか?これからどうするか?をきちんと具体的に説明します。それくらいしないと相手の男性の心にあなたの気持ちは伝わりません。ましてや言い訳をすると男性も聞く耳をもってくれません。謙虚な態度を見せることが男心をもう一度つかめるかのコツです。

 

ただそこまでしてまた会話するまでの仲になったとしても主導権は男性がもつことになりやすく、その後の彼はわがまま、自己中になる傾向が強いです。都合のいい女にならないように気をつけてください。仲直りできたとしても男性の態度を冷静に見る目は失ってはいけません。いくら過去に男性を怒らせてしまったことがあったとしても、それはそれ。好きな人と仲直りができたとしても、男性のいいなりにならないように注意してくださいね。

 

あなたは好きな人が怒った時の対処法、わかりますか?

 

 

関連記事
仲直りのコツ
男性心理とケンカしないコツ
男性が落ち込む言葉

 

 

恋愛心理 男心の動かし方TOPへ戻る

スポンサーリンク

最新記事