電話やメールの回数が減った男性心理

電話やメールの回数が減った男性心理

電話メール回数減った男性心理はわかりますか?

 

お付き合いがはじまった頃に比べて、恋人からの電話やメールの回数が減ったことで彼の愛情が冷めたのではないか?と不安になる人が多いようです。

 

でも、その時の男性心理は私達が心配するほどのことでもないことが多いようです。

 

では一体、男性が電話やメールの回数が減る理由は何なのでしょうか?

 

 

 

お付き合いをはじめた頃は、男性心理は好きな人とたくさん連絡をとりたいと思います。

 

理由はいくつかあって、自己アピールや愛情表現だったり、好きな人(あなた)とつながっていたい、感じていたいという気持ち、またあなたのことをもっと知りたいという心理からです。

 

思いやりや気遣いする気持ちを伝えたくて電話やメールを使う男性もいます。

 

そんないろいろな理由から男性心理は電話やメールの回数がお付き合いのはじめの頃は多くなるのです。

 

 

でも、お付き合いが長くなると次第に電話やメールの回数が減ります。

 

その理由もいろいろあります。

 

1つは、お互いの愛情が強いものになったと確信したから、です。

 

最初は男性も好きな人(あなた)の気持ちが離れないように、つかむために必死です。

 

電話やメールの回数が増えます。

 

でも、お付き合いが長くなり、愛情が強いものと確認できると、もう電話やメールはする必要ないだろうと男性心理では思うのです。

 

つまり、愛情に安心すると男性心理では電話やメールの回数が減るのです。

 

 

他にも先程の理由に付随して電話やメールの回数が減る理由があります。

 

男心では好きな人との愛情確認が強いものとわかると他のことに力を入れようとします。

 

それは仕事や趣味、プライベートな時間です。

 

そして、男性心理では女性のように複数のことを同時にできないという特徴があります。

 

女性は仕事中でも好きな人のことを考えることができますが、男性心理では、仕事中は仕事のことしか考えられないのです。

 

なので、愛情が強いものとわかると徐々に頭で考える大切なことを恋愛から仕事や趣味、プライベートに移していくのです。

 

そのため、電話やメールの回数が減っていくのです。

 

 

 

電話やメールの回数が減ったとわかるとすぐ彼の愛情が冷めたと思う人が多いようですが、このような理由から男性の電話やメールの回数が減るのです。

 

もちろん、愛情が冷めたから減った、ということもあるかもしれませんが、その時はひとりで悩まずに男性に聞いて見ましょう!

 

なぜ電話やメールの回数が以前より減ったのか。

 

きっと男性はあなたを悲しませるつもりで電話やメールの回数を減らしたわけではないはずですよ。

 

これは男性心理の特徴として覚えておいてくださいね。^^

 

 

あなたは好きな人からの電話やメールが減ったことで悩んでいませんか?

 

 

関連記事

 

メールや電話連絡が減った彼氏の心理5つ(外部サイト)

 

男心が冷める原因

 

男性の気がある行動

 

好きな人との距離を縮める

 

男性心理 冷める女の性格

 

逃げられる女

スポンサーリンク

最新記事