男女のメールの送り方には違いがある

男女のメールの送り方には違いがある

男女メール送り方には違いがあることはご存知でしょうか?そもそも男女では会話の仕方も違えば、考え方も違います。男性を同じ人間と思ってはいけません。違う生き物と思った方が相手のことを理解できます。そこで今回は男女でのメールの送り方の違いについてご紹介します。よく好きな人から最近メールが来なくなった、気持ちが冷めたのでは?と不安の相談を受けます。でもそこには男性心理特有の理由があるのです。これを理解すれば、あなたも余計な心配をせずにすみますよ♪

 

女性はメールをコミュニケーションツールとして使う人が多いです。メールで会話をしていませんか?会って話せばいいようなことでも、思い立ったらメールをすぐ送ります。そのメールの使い方は日常生活も楽しくなりますし、いいと思います。でも、男性も同じようなメールの使い方をしていると思ったら大間違いです。

 

男性心理ではメールは自分の考え、意思を伝達するツールと思っています。会うほどでもない、電話するほどでもない、でもちょっとしたことを相手に伝えたい。そんな時に役立つのがメールと考えています。つまり男性はメールでは会話しないし、コミュニケーションツールと思っていないのです。ここがメールの使い方で男女が大きく違うところです。

 

メールを情報伝達に使う男性に会話目的のメールを送るとどうなると思いますか?男性の本音は「ウザイ、面倒くさい」です。でも好きな人からのメールだと無視できないので、無理して返信したりしています。でもそれはラブラブな時だけ。お付き合いが長くなれば、徐々にメールする回数も減ってきます。だからと言って恋愛感情が冷めたわけではありません。男性はメールを情報伝達に使う道具としてしか思っていないために、メールする必要性(用事、用件など)を感じないとメールしないのです。

 

男性にメールを送る時は、女友達に送る感覚で送っていては嫌われることもあります。まだ親しくない内はメールの文章も短めにして、相手が返信しやすいメールを送ることを心がけましょう。「メールの返信がしにくい=嫌い」になります。男心の重荷にならないメールの送り方をしましょうね♪

 

あなたは男性が返信に困るようなメールの送り方をしていませんか?

 

 

関連記事
好きな人に返信メールをもらうコツ
電話やメールの回数が減った男性心理
男心が冷める原因
間違った恋愛アプローチの仕方

 

 

恋愛心理 男心の動かし方TOPへ戻る

スポンサーリンク

最新記事